総合学科一人ひとりの「目標」にあったオリジナルカリキュラム

福祉・保育系列

高齢者介護の学習をする介護福祉領域と幼児保育の学習をする幼児教育領域に分かれて学習します。どちらの領域も、授業を通して人のお世話をすることの重要性を学びますが、老人ホームや保育園などの施設に実習に行くことで、学校で学んだことを実践し、お世話をする喜びを感じ取ることができます。

主な系列選択科目

介護福祉領域

  • 介護福祉基礎
  • 社会福祉基礎
  • 生活支援技術
  • 介護総合演習
  • 介護実習
 

幼児教育領域

  • 子どもの発達と保育
  • 生活支援技術
  • 子ども文化
  • ソルフェージュ
  • 基礎・応用
  • 造形表現
  • リトミック
  • 児童福祉
  • 保育内容総論
  • 保育実習
取得できる主な資格
  • 介護職員初任者研修
  • 保育技術検定
  • 幼児体育指導者検定

介護職員初任者研修に伴う公表情報はこちら

実習先一覧はこちら

二つの領域から選択

介護福祉領域 幼児教育領域
高齢者介護に必要な技能を身に付けます。ベッドメイキング、車いすを使用しての介助、食事介助などの実習を行います。卒業時に介護職員初任者研修の資格を取得できます。 乳幼児の保育に関する技能を身に付けます。折り紙などを使用しての工作、音楽に合わせてダンスをするリトミックなど、幼稚園教諭や保育士になるために必要な学習を行います。

 私が介護福祉領域を選んだ理由は、もともと介護に対して興味があったからです。
 2年次より系列が始まり基礎から学びますが、3年次になって授業も増え、幅広く、介護について専門的に、また実習なども行い実践的にも知識を得ています。介護は覚えることが多く大変ではありますが、やればやるほど面白く、福祉・介護について知ることが出来るのでとても自分の力になっています。今後、この系列で学んだことは必ず将来自分の為にも周りの人の為にもなると思うので、しっかり将来に繋げていきたいと思います。

「介護福祉領域」髙木 康平

 私は、保育士や子どもに関わる仕事をしたくてこの保育系列を選びました。
 保育系列では、子どもの遊びや、季節の行事ではどんなことをするのか、子どもの手作りおもちゃを作成し、保育に関することをたくさん学んでいます。2年生では知識を得て3年生では実習へ行き、実際の保育の現場では、学校で学んだこと以外にも実際に子どもと関わることで色んな発見があります。授業では時々、ぬり絵やカレンダーを作ったり、壁面製作をしたりとさまざまな物を作っていきます。今後の目標はこの保育系列で学んだことを活かして子どもに関わる仕事に就きたいと思います。

「幼児教育領域」竹中 咲瑛

介護福祉領域 3年次時間割例

3年次時間割例 介護福祉領域

幼児教育領域 3年次時間割例

3年次時間割例 幼児教育領域

・福祉・保育系列には3年次、上記以外に社会福祉実習の履修があります。

※一部変更する場合があります。

Loading

総合学科

入試情報

職員採用情報

卒業生の方へ 各種証明書の発行

所在地
学校法人松風学園 彦根総合高等学校
〒522-0033 滋賀県彦根市芹川町328番地
TEL 0749-26-0016 FAX 0749-22-1510